読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ambai’s diary

いつもの右往左往目線で、試したもん食べたもん思った結果もん勝手気ままもん

野菜のだしはアドリブで。

ようは、野菜の使わないところこそ、栄養素のかたまりであるという、ベジブロスのこと。

野菜食べたいけど、しっかり食べるとお腹が張る。
ぐるぐるガスってくる。
だから、つい、控える。ストレスたまる…。


野菜の特に葉物は顕著だ。結構そのまま破片が出てくる。よく噛んでるんだけど、つもり、なのかもしれないが…
食物繊維(セルロース)というのは、難消化性の繊維ゆえ、よく考えりゃ、わたしにはかえって詰まりやすいという物質のひとつになるのもおかしくない。



しかし、野菜が食べたい。なんで食べたいのか?

特に葉物なのだ。
いろいろ不都合の背負った身体の現在の食生活で足りない色味が緑色。

素直だよなあ〜、本能が教えてくれているのかねえ。

ということは、色味特徴は葉緑素。と素人単純推測。


青菜類を茹でた時に、つい茹ですぎになってしまった時茹で汁が緑になったことがあると思う。

茹ですぎると栄養が湯の中に出てしまうとかいう事を聞いたことがないだろうか。いや、よく言われる。


そういうことからの応用なんだろうな。
野菜クズで出汁をとるって。


私の場合、繊維気にせず野菜の出汁を取ろうとした場合、

わたしは野菜のはしっこ類ではなく、全部を使う、これぞ、一物全体、ホールフード(?)的野菜出汁だと、取ることにした。(贅沢だなあ)


そして圧力鍋。
これだったら、これ以上ない野菜に対する罪悪感からのせめてもの罪滅ぼし…かつ、なんか、栄養素出てしまいそうじゃないか?


もう一歩言えば、冷凍、というところ。
セルロース(細胞)が壊れるため栄養の流出が生よりある。マイナスをプラス発想。


そこに圧力鍋。完璧じゃないか?


自己満足は大事だ。



とにかくほうれん草が食べたかった。

そして定番セロリ。そしてこっからわたしの大好物香味野菜類。

シャンツァイ、ハーブ類。種類はその時の気分と予算。

そして、レモンの皮だ。

f:id:ambai:20170424095054j:plain

レモン??と思われるかもしれない。しかしこれまたいい仕事してくれる。



まあ、レモンは、さすがに国産にしている。
たまたまレモンをたくさんいただいた時、レモン好きのわたしはそのまま汁を味わって頂いたけど、せっかくの国産レモン皮がもったいなくて。


でもピールにするほど、レモンジャムにするほど、そんなん面倒だし。

とりあえず冷凍して置いたのが宝になったのは嬉しい。



圧力鍋に野菜類入れて
f:id:ambai:20170424100031j:plain

MAX弱まで水入れて…
f:id:ambai:20170424100202j:plain


最初は、苦味が出るかなと思ったけど、物は試してみるもんだ。


苦味が出るどころか、他の野菜ハーブにも、独特な苦味も甘さもあるから、ちょうどいい塩梅で爽やかすぎない苦味が旨味になっている。

大成功だわ〜♡
ぐい〜っとお玉などで絞りあげて、
f:id:ambai:20170424103529j:plain

小分け。
f:id:ambai:20170424103731j:plain


これぞ、栄養素のかたまりよね〜なんて、都合よくご機嫌さんになって、大好きなスープカレーのスープに使用してみる。


写真なんか忘れたわ〜〜♡
でも、以前に書いた焼きブロッコリーのそれ抜きみたいな私のサラッサラッのスープカレーとほぼおんなじだからいいか〜〜。

わはははは〜〜うまい〜〜。
野菜とってる気になれる、スープカレー。こりゃたまらん。



ちなみに、
レモンの皮、おすすめですが、あくまで好みの問題ですので、苦味が気になる、ちょっとの諸問題(ホストハーベストだ農薬だなど)…の場合は精神的衛生上おやめになった方がよろしいかと思います。

本人が一番美味しい、それが一番なのです。

海のもん山のもんカレー

早い話が、鯖味噌煮缶とストック食品、

ひじきと豆ミックスレトルトパウチを大根カレーに合わせただけ。

超簡単。


〜レシピ〜

2-3食分材料

玉ねぎ 小さめ1個 薄皮付きくし切り。
f:id:ambai:20170414123659j:plain
大根 上半分2cm程度輪切り4つ分くらい。これを1つ9分割さいの目切り。
co-opのひじき、豆ミックスのレトルトパウチ各1個。
f:id:ambai:20170414123747j:plain
キョクホー鯖味噌煮缶一個。
f:id:ambai:20170414123831j:plain
みりん、酒、大1程度強。
粉だし 大1程度。
水500ml。
co-op甘口カレールー半パック分(4かけ)。
f:id:ambai:20170414123903j:plain


大根を油で炒める。
f:id:ambai:20170414124000j:plain
玉ねぎ入れて炒める。
大根は透明感が、玉ねぎはくたっと焦げない程度しんなりするまで。
ひじき入れて炒め合わせ、ひじきの香りがたったら、
豆ミックスを投入して、炒め合わせる。
f:id:ambai:20170414124050j:plain
水を加えて、みりん、酒、鯖味噌煮缶のまず、汁だけ入れる。
沸騰するまで中火。
したら弱火にして蓋して20分程度、大根に竹ぐしが抵抗がない程度が目安。
火を止めて、co-op甘口カレールーを投入。溶かす。
f:id:ambai:20170414124144j:plain

時間ある場合。

全体に馴染む程度に蓋をとって弱火で煮たら火を消して一度冷めるまで放置。
温め直す時、鯖味噌煮缶中身を入れ、軽く煮込んで出来上がり。


時間ない場合や入れ直す面倒な時。

全体に馴染む程度に弱火で煮込んで、鯖味噌煮缶中身投入。
f:id:ambai:20170414211250j:plain
崩れない程度に煮て、出来上がり。


大根と鯖味噌煮缶がよく合って、あまちゃんおおよろこび。

お子さんにも材料的にいいか…うちはお子さんいないんだけどね。

おいしいだし。

コストは高いが、無くなるとちと困るのがこのおいしいだし。
まあ、ほんとになんでも使える。
なので、調子にのって使っていると、すぐ無くなる。


決してお安くないウチの家計枠では、ケチらず要るところに、使うようにしている。
f:id:ambai:20170414104104j:plain

このだしの性質を最大に取り込もうとした場合は、炊き込みご飯、混ぜ込み系だろうなあ。
飲み干すのが前提のお汁物スープ系。

とにかく、“おだし効いてます” になる(笑)それに、和洋中と使えるし。
そして、商品名の通り、『おいしい』。


説明通り、身体にはわかると思う。


何より、若くないんだから、身体に良さげなものをせめてベースに取り入れたいしね。
今後、年齢と共に比例して、身体にいろいろ不具合出てきてもおかしくないし。
少しでも軽い程度に抑えるのが、誰にも迷惑負担もない、でしょう。


身体にとっては、日頃の積み重ねからしかないといっても過言じゃないんじゃないかなあ。
今は特に問題ないしね〜、な時こそ、身体に無理のないいたわりから。

身体の不具合は、ちょっとやそっとの前からの要因で積もってない可能性もあるゆえ、
年齢を重ねつつも、ペースはダウンするだろうけど、日々、代謝はしてくれているだろうから、
それを邪魔しないようにしたいものです。

…と私は、思っております。


つまり、これをアマちゃんに使う事により、
少しでも不具合を予防できたら(私にめいわくがないと)いいなあと。

春は(ココロも)ウラハラになる、木の芽時なのであります。

メインにできる、新玉ねぎ in 茶碗蒸し。

こう毎日夕食を作ってると、
たまには目先の変わった事をしたくなる。


食の好みがこうも違う相手のために作ることは、
少しでも、自分の気力を逸らさないよう、ある意味、自分のためでもあるのだ。


つまり、こんなんあったらどうなる?
こんなんあっても、ええやん。
おもろいやん。

幸い、私には実験大好きという、趣味がある。
いや、それが性分かもしれない。


今時期の美味しいもののひとつ。
「新玉ねぎ」

少し小ぶりなものをゲット。
こういう小ぶりものは1人前用にぴったりなので、見つけたら迷わず買う。

で、

新玉ねぎが丸ごと入った茶碗蒸し。そんなんあってもええやろ。


豆腐そのまま入った『空也蒸し』があるし。

ちょうど、昨日の残り、釜揚げ桜えび丼の中途半端な桜えび。

椎茸甘煮に、魚河岸揚げも買ってたなぁ。それも使い切らな…。


シンプルに新玉ねぎだけにする予定だったけど、素材味を求めるタイプではないし、
いろいろ混ざって、それが好きなものばかりのオンパレードだったらご機嫌さんだ。

いいのよ。それで。残り物整理でっ。



⚫︎レシピ⚫︎
蒸し器を沸かしておく。

卵L 1個
粉だし小2 水180cc程度
味玉 小1 (ユウキ食品)
みりん小1 酒小1 だし醤油小1
混ぜる。

新玉ねぎ1個上下落として、ラップ包んで、レンジ3分くらい。
(完全に柔らかくしてもしなくても。)
魚河岸揚げ1個(あったら) 4つに切る。
桜えび(あったら)適量。
椎茸甘煮(あったら)適量

f:id:ambai:20170331211401j:plain


準備用意以上。


大きめの器に、新玉ねぎ、あれば魚河岸揚げ、あれば椎茸甘煮に、桜えびを入れる。

卵液を注ぎ入れる。

f:id:ambai:20170331211508j:plain

*ちなみに面倒な時は器に卵といて、調味料類入れて、ガ〜ッとお箸でかき混ぜて、
混ぜながら水を加えて、具材を入れる。意外とこれでイケる(笑)


蒸し器を沸かして、湯気上がってるところに入れて、蓋をする。
あとは弱火にして12分程度。そのまま放置する。

完成。

f:id:ambai:20170331211630j:plain

うちは、先作って、相手が帰宅して温め直しゆえに、
ちょっと短め11分ほどで切り上げて、そのまま放置しっぱなしで、そのまま弱火にかける。
蒸し器のいいところはそれでも蒸し過ぎがないところ。


…欲を言えば、
かの有名な照宝の蒸篭セットをコンロに置いとける専用スペースを確保したいほどだ。
じゃあ、出すの面倒でお蔵入りにならんし(笑)

中華街 照宝 | 「鉄人」のせいろ/中華調理器具・食器 製造販売



相手は帰宅して、“ふるふるやわらかもの”を喜んでフルフルご機嫌さんになって食べる。

1日の仕事を終えた後には、好きなものを食べる。
誰でもシアワセ〜…だ。


そんな時に、私は無意識にテレビへ顔を向けていることに、最近、気づいた…。

テレビって、便利だなあ(?)

丹後の寿司は鯖缶で。

ばら寿司でも作ろう。

どうせなら作ったことのないタイプがいいな。

そういや、ケンミンショーだったか、鯖缶を使ったのがあった記憶がある。

Googl 鯖缶 ばら寿司 検索。

丹後方面だったのか。へえ〜こりゃいい。

ちょうど節約兼ねてもちょうどいい。

しかも、甘めときているし、鯖もアマちゃんは大好きな魚のひとつでもある。
好きなもん食べてもらってご機嫌さんにしておくのが私にとっても面倒くさくない。


では早速。

参考にしたのはいつもお世話になってますクックパッド
さすがです〜。ほんまクックパッド様様(笑)
その中で、一番私にとって調理しやすそうな方を参考にさせていただきました。


『丹後ばら寿司/サバ缶でんぶのちらし寿司byかもし庵さん』
cookpad.com

うちは、ばら寿司食べるのはアマちゃんのみなので、4合は厳しすぎ。
でも、干し椎茸のお煮付けは常備菜になるのでありがたい。
そこに、野菜室に中途半端に残ってる人参の白煮を作って入れよか。
で、これ。
f:id:ambai:20170327125421j:plain

そぼろは醤油煮缶を使用。
人参の煮汁も入れて、レシピ参考に調味料足して。
f:id:ambai:20170327191812j:plain

あとは、レシピを参考にして、薄焼き卵(?)焼いて切って、組み立てて…

…うう〜、急いで仕上げたゆえ、ちょーっと雑になってしまった…

丹後ばら寿司の完成〜。

f:id:ambai:20170327204411j:plain


アマちゃんは、たいそうお気に召してくださったようで、お箸が進んでおりました。

かもし庵さん、ありがとうございます〜。

“素”の大根カレー

f:id:ambai:20170325111827j:plain

ここからこのカレーが、
そのまま食すだけでなく、鶏肉入り、練りもん入り、そのほかにと、
その時の予算と気分に応じて化ける。


リクエストというか、甘口しか食べないアマちゃんゆえに使用は、
定番のバーモントカレー甘口のルー。

作ってて、インドカレーのスパイスとサラサラ仕様が好き、というか、食べれない私にとって、
言っちゃ悪いが、この匂いといい、苦手なものを作るのは結構キツいよなぁ…云々。
ココロは文句つらつら尖っていくのは否めない。


さて、できた。
出来たら追加食材数に応じて分けるかして。


今回は、鶏肉一本だな。
もも肉角切りと手羽中を酒とみりんとだし醤油などと揉み込んで、しばらく置いたのち、
そのまま焼かずに後入れ投入。

もちろん焼いて入れるもいいけど、面倒だったから省略。
でもこれはこれで鶏肉は柔らか〜になる。


ついでに賞味期限ギリギリの卵を茹でて、皮むいて、ちょっと多めの油で焼き付ける。
…鶏肉もついでに焼けばいいけど、気分乗らん。
これを最後煮込みあげる時に投入。
親子カレーの出来上がり。


写真撮り忘れた…。


本当は練りもんにしたかったけど、売り切れてたのよねえ。
なので、次回は練りもん一本カレーだ。
もうレシピは出来上がってるし。
練りもんカレーは、写真忘れないようにしよう。


アマちゃんは、たいそうご満足げに召し上がっていました。

目もココロも冷ややかな私は、それに気づかれぬよう…顔は普通につくろうそんなバラエティ豊かな食卓でした。

ハマる焼きブロッコリー。

f:id:ambai:20170303120057j:plain

ブロッコリー
嫌いじゃないけど、食指が動かない野菜のひとつ。

茹でるの、蒸すの、…生は未確認だけど、
なんか、「美味しいっ もっと食べたいっ」てならんのはなんでだろうと、
ココロの隅に疑問符があった。

でも、それももう終わり。
食指が動いたし。

今からは、「美味しいっ!もっと食べたいっ‼︎」

焼くの頭になかったのね〜。
焼きブロッコリー

魚焼きグリルに小分けして入れて焼くだけ。
オイルも使わない。
塩もいらない。
水は要る。といっても、洗った時に水気をしっかり切らないの水分。

両面焼きグリルで、上下とも弱火。
コゲっとなるまで好み加減で焼けたら、
出来上がり。

私はそれをカレー(この日は豆腐ベジカレー)に浸して食べる。
何てこの上ない幸せ。
アツアツを頬張り、噛みしめる。

ブロッコリーよ。
あなたは私にとって焼けたら最高の食の友の1つとなってくれるのね。