読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ambai’s diary

いつもの右往左往目線で、試したもん食べたもん思った結果もん勝手気ままもん

コーヒー豆チョコレート

f:id:ambai:20170228114039j:plain

チョコレート菓子でいちばん好きなもの。
コーヒービーンズチョコレート。

なかなか売ってないのよ、好みのものは。
食べたい衝動は、抑えるのはよくない。でも、いろいろ不都合なものを避けて食べたい。

で、自家製となる。

しかしながら、そこまでして食べたい時でないと、億劫なので、欲求が去りそうな時はそのまま次の波が来るまで作ることはない。

この度は、材料も作る気力も欲求も見合ったということで、早速。


現在、訳あって、糖質制限並みの生活。

普段は甘いものは食べないけど、こういう時のためにラカントSは購入してある。
たまに成城石井へ行って、オモシロそうなものを見つける楽しみついでに買ったローチョコレートも、こういう時のために買ってあったな。
ローチョコレートなら、という背徳な思惑を紛らわす考え(笑)
で、コーヒー豆はあるし。

…鍋使うのは面倒やなあ〜
レンジではやったことないし…。
じゃあ、試作的にレンジでやってみるか。


*レシピ:コーヒー豆チョコレート*

ラカントS 3: 水 1
ローカカオニブチョコレート 4ブロック
コーヒー豆 ひと握り(適当)

耐熱ボールにラカントSと水を入れて、レンジ(600w)で2分前後〜。
ぶおーっと沸騰してきて、その泡がだんだん大きくなって沸騰するのが目安か。

取り出して、まず、コーヒー豆を入れて絡める。
オーブンシートなどにざっと広げる。
冷ます。

f:id:ambai:20170228113710j:plain

鍋に水を入れて沸かして、さっきの耐熱ボールにローチョコレートを入れて湯煎。
溶けたら、ラカントがけのコーヒー豆を投入して絡める。

…しかし、湯煎とはいえ、加熱してしまうということは、ロー(生)ではなくなるということかな。ま、こだわるのは止しておこう。

f:id:ambai:20170228113812j:plain

さっき使ったオーブンシートに広げて、またはまとめてもいい。

f:id:ambai:20170228113902j:plain

冷めて出来上がり♡

ココアまぶしも素敵だけど、見た目の演出は、知識として、知っておく。
自分しか食べないんだから、美味しけりゃいいのよ〜。

お菓子の袋に入れて、持ち歩く。いつでも食べれるしあわせ〜なひととき。
f:id:ambai:20170228113948j:plain

篠山市はその2 猪肉とろろ丼と黒豆アイス。

丹波篠山方面といえば、猪肉。鹿肉。つまりはジビエ類。
そして、山芋。黒豆。栗(高級和菓子店御用達)など。


なので、猪肉とろろ丼。
f:id:ambai:20170228133057j:plain

黒豆アイスと、あえて普通のコーヒー。
f:id:ambai:20170228133156j:plain

行ったお店は特産館ささやま。
www.tokusankansasayama.com



今度は、「いわや」へ行くぞ〜。
www.iwaya-yosaku.com

(直前に聞いたもんだから、予約できなかったの…日曜日だったし、余計無理か)

篠山市は「小西のパン」

久々に丹波篠山方面へ。

特産の黒豆を使った「黒豆パン」。
黒豆パンといえば、小西のパン、らしい。

f:id:ambai:20170228090257j:plain
f:id:ambai:20170228090311j:plain

なかなかの門構え。

中に入ってみると、
f:id:ambai:20170228090317j:plain

本当に黒豆パンだけ、置いているのね〜。
さすが、本家本元(…よね)。

今時分はいちばん観光客が落ち着いている、いわゆる、梅桜待ち時期の閑散期。
とはいえ、滞在してる間、お客はポツポツでも途切れてないのがすごい。

小西のパン - 篠山市観光情報


とにかく黒豆をまぶしているという感覚のパン。
西紀SAや、篠山城跡に近いところのパン屋さんの黒豆パンもあったな。
どの店を選ぶかはお客様次第。
今回は小西パンだけ寄ったけど、機会あれば違う黒豆パンも寄ってみよう。

福山は「風の時計」

f:id:ambai:20170220123145j:plain
焼きカレー
f:id:ambai:20170220123305j:plain
豆乳パイン

お店のウリはカレー。
いろんなblogを拝見したけど、たいていカレーがあがってます。

私は豆乳パインチョイス。
日本カレーは少々苦手なもので。

しかしこの豆乳パイン。
見た目同様中身も可愛らしい。
大きな氷をグラスに入れて、無調整豆乳を注ぎ、パインシャーベットをのせ、コントラストが愛らしくラズベリーとディルが一片。
品の良いお嬢様向けの飲み物のようだ。

中身とのバランスを重視する食い気まさる私には、顔で笑って、心で怒る一品。

ま、お勘定は私持ちではないので、それが救いか。