読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ambai’s diary

いつもの右往左往目線で、試したもん食べたもん思った結果もん勝手気ままもん

野菜のだしはアドリブで。

ようは、野菜の使わないところこそ、栄養素のかたまりであるという、ベジブロスのこと。

野菜食べたいけど、しっかり食べるとお腹が張る。
ぐるぐるガスってくる。
だから、つい、控える。ストレスたまる…。


野菜の特に葉物は顕著だ。結構そのまま破片が出てくる。よく噛んでるんだけど、つもり、なのかもしれないが…
食物繊維(セルロース)というのは、難消化性の繊維ゆえ、よく考えりゃ、わたしにはかえって詰まりやすいという物質のひとつになるのもおかしくない。



しかし、野菜が食べたい。なんで食べたいのか?

特に葉物なのだ。
いろいろ不都合の背負った身体の現在の食生活で足りない色味が緑色。

素直だよなあ〜、本能が教えてくれているのかねえ。

ということは、色味特徴は葉緑素。と素人単純推測。


青菜類を茹でた時に、つい茹ですぎになってしまった時茹で汁が緑になったことがあると思う。

茹ですぎると栄養が湯の中に出てしまうとかいう事を聞いたことがないだろうか。いや、よく言われる。


そういうことからの応用なんだろうな。
野菜クズで出汁をとるって。


私の場合、繊維気にせず野菜の出汁を取ろうとした場合、

わたしは野菜のはしっこ類ではなく、全部を使う、これぞ、一物全体、ホールフード(?)的野菜出汁だと、取ることにした。(贅沢だなあ)


そして圧力鍋。
これだったら、これ以上ない野菜に対する罪悪感からのせめてもの罪滅ぼし…かつ、なんか、栄養素出てしまいそうじゃないか?


もう一歩言えば、冷凍、というところ。
セルロース(細胞)が壊れるため栄養の流出が生よりある。マイナスをプラス発想。


そこに圧力鍋。完璧じゃないか?


自己満足は大事だ。



とにかくほうれん草が食べたかった。

そして定番セロリ。そしてこっからわたしの大好物香味野菜類。

シャンツァイ、ハーブ類。種類はその時の気分と予算。

そして、レモンの皮だ。

f:id:ambai:20170424095054j:plain

レモン??と思われるかもしれない。しかしこれまたいい仕事してくれる。



まあ、レモンは、さすがに国産にしている。
たまたまレモンをたくさんいただいた時、レモン好きのわたしはそのまま汁を味わって頂いたけど、せっかくの国産レモン皮がもったいなくて。


でもピールにするほど、レモンジャムにするほど、そんなん面倒だし。

とりあえず冷凍して置いたのが宝になったのは嬉しい。



圧力鍋に野菜類入れて
f:id:ambai:20170424100031j:plain

MAX弱まで水入れて…
f:id:ambai:20170424100202j:plain


最初は、苦味が出るかなと思ったけど、物は試してみるもんだ。


苦味が出るどころか、他の野菜ハーブにも、独特な苦味も甘さもあるから、ちょうどいい塩梅で爽やかすぎない苦味が旨味になっている。

大成功だわ〜♡
ぐい〜っとお玉などで絞りあげて、
f:id:ambai:20170424103529j:plain

小分け。
f:id:ambai:20170424103731j:plain


これぞ、栄養素のかたまりよね〜なんて、都合よくご機嫌さんになって、大好きなスープカレーのスープに使用してみる。


写真なんか忘れたわ〜〜♡
でも、以前に書いた焼きブロッコリーのそれ抜きみたいな私のサラッサラッのスープカレーとほぼおんなじだからいいか〜〜。

わはははは〜〜うまい〜〜。
野菜とってる気になれる、スープカレー。こりゃたまらん。



ちなみに、
レモンの皮、おすすめですが、あくまで好みの問題ですので、苦味が気になる、ちょっとの諸問題(ホストハーベストだ農薬だなど)…の場合は精神的衛生上おやめになった方がよろしいかと思います。

本人が一番美味しい、それが一番なのです。